「生前中にお墓をいじると良くないのよね??」と来店されるお客様が時々口にされる言葉です。あまり縁起の良いものではない。。と言う捉え方をされている生前墓ですが、仏教では生前にお墓を建てる事を『寿陵墓』と呼ばれています。寿陵とは、長寿・子孫繁栄・家内円満といった幸福が訪れると言われており、縁起が良いとされています。

生前墓のメリットといたしましては、ゆっくりと時間をかけ考えていただく事で、色々な選択肢も増えより納得いただけるものが出来るのではないかと思います。

ただ、墓地はあるものの建立まではなかなか考えられないということもあるかと思います。

大まかなお墓を建てるまでの流れを追っていきますので、この先お墓を建てようと思った時に少しでも参考になれば。。と思います。

 

 

 

【お墓を建てるまで】

~その1~

まずお寺様を決めましょう。どの宗派なのか?など色々な事を踏まえ決められるのが良いと思います。

その後、どの区画にするかを決めていきます。

 

~その2~

石材店での相談になります。寺院名・墓地の場所を教えていただきましたら現地の確認・区画の計測に伺います。

 ≪外柵・カロート≫

  ・外柵の石種を選ぶ

  ・外柵のデザインを選ぶ

 ≪石塔≫

  ・石塔の形を決める(和型・洋型・縦洋型など)

  ・色合い(白っぽい・黒っぽい・グレーっぽいなど)

そして、両方に共通しているのがご予算です。

「イメージがわかない」「参考価格が分からない」ということで現場を見させて頂いた後、まずはお見積りをお出ししてその後お話しを煮詰めていくことも多いですが、漠然としたものでもご自身でイメージされているものがありましたら遠慮なくお伝えください。お伝えいただく事でお客様の意向により近いお見積りをお出しすることが出来ます。

 ※色々迷ってしまった時には「価格」「色合い」「産地」などお客様の中で何を決め手とするかがあると決めやすいと思います。

 

~その3~