近年『粉骨』という言葉を度々耳にするようになりました。『粉骨』と聞くと「海に散骨する」「樹木葬」などのイメージを持たれる方も多いとおもいます。

では、寺院にお墓をもっている方と『粉骨』はどのような関りがあるのでしょうか?

今まではカロウト内の底の土を掘り、骨壺からご遺骨を土に還すことにより新たな収骨スペースを確保してきました。しかし、墓石が建った状態での掘削作業にも限界があり、2~3柱土に還すとそれなりの量になるのが現状です。

また、事情により墓地を小さくしたり、墓じまいなどの関係でご遺骨を寺院様の納骨堂などにお預けする事になった時に粉骨し小さく纏めお預けすることも増えてきたようです。

 

 

粉骨とはお預かりしたご遺骨を専門の業者さんにお願いして粉の状態にすることです。

粉状にする事でご遺骨がおよそ半分くらいまで小さくすることができ、省スペースでご遺骨を安置することが出来ます。

 

❀1柱 ¥33.000~

①洗浄→②乾燥→③粉骨  ※土葬骨の場合、再焼骨した後粉骨となります。(別途料金)

 

❀引き渡しに頂くお時間は通常3~4週間ほどかかります。